マイコマ(マイ独楽)、コマ型コンクリートブロックの株式会社マイコマサービス

「マイ独楽(マイコマ)」コマ型コンクリートブロックを使った軟弱地盤に対する基礎工事「トップベース工法」を皆様にお届けする企業です。

HOME >> トップベース工法 >> 施工

施工

 トップベース工法における施工の手順は下のチャート図(トップベース工法の施工手順)に示す通りです。
ただし、「筏ユニオの配置・連結」は「間詰砕石の充填と締固め」の前に行う場合もあります。
※チャート図をクリックすると拡大表示されます。

画像(407x560)・拡大画像(800x1100)

トップベース工法の施工手順

トップベース工法は、「トップベース工法設計施工マニュアル」に従って簡単に施工できます。しかも、現場での施工作業中に振動や騒音などの公害の発生が少なく、環境への影響も小さいなど、とても画期的な施工方法です。

施工手順

特別な技術や機械を必要とせず、簡単に施工ができます。

1 敷設面のチェック
  ●敷設面の掘削深さが、計画に一致しているかを確認する。

画像(350x220)

2 筏マット(井桁状鉄筋)を敷設

画像(350x220)
画像(250x158)・拡大画像(300x190)

筏マット(井桁状鉄筋)を敷設

3 マイ独楽の敷設
  ●筏マットの三角筋部分に、マイ独楽軸脚部を垂直に圧入する。
  ●マイ独楽の上部を、水平に保つ。
  ●作業が困難な軟弱地盤の場合、掘削地盤面の撹乱防止及び作業足場の確保を目的として、
   適切な厚さまで砕石を敷き均す。
  ●マイ独楽を二層に敷設すれば、支持力の面で更に安定性が増す。

画像(350x220)

4 マイ独楽の上部の連結筋に筏ユニオンを配置し、結束または溶接する。

画像(350x220)
画像(250x154)・拡大画像(300x185)

筏ユニオンの設置・連結

5 敷設したマイ独楽相互の間隙に砕石を充填し、十分に締固める。
  ●根切床と円錐部下端周辺部は、間詰砕石の充填が不足しがちなので入念に施工する。
  (現場状況により、「間詰砕石の充填・締固め」は「筏ユニオンの配置・連結」の前に
   行う場合もあります。)

画像(350x220)
画像(250x154)・拡大画像(300x185)

間結砕石の充填・締固め

6 完了

画像(350x220)

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト
RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

株式会社マイコマサービス
〒321-0952 栃木県宇都宮市泉ヶ丘2丁目1番2号 【TEL】028-660-2380(代) 【FAX】028-660-2173
栃木工場
〒321-3426 栃木県芳賀郡市貝町赤羽4101番地 【TEL】0285-68-3660(代) 【FAX】0285-68-4370
ジオラス製品事業部(敷地内排水処理装置「バイオECOシステム」のお問い合わせはこちら)
〒321-0952 栃木県宇都宮市泉ヶ丘2丁目1番2号 【TEL】028-660-2466(直通) 【FAX】028-660-2173


Copyright (C) 2016 mykoma All rights reserved./Produced by ホームページ制作会社 イーナクエスト株式会社